スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆NASDAQのチャートと日経平均について

昨日、NASDAQのチャートが10/13に作った2,421?2,426の窓を埋めてくるのではないかということを書いたが下げたものの結局、この窓は埋めていない。するとこの窓は疲弊的窓(exhaustion gap)ではない。また同様に出来高から考えて時期尚早の窓(premature gap)の可能性は低い。勿論、前者であれば本日のO/Nでの買いは出来るものではない。すると高値近辺の保合いで作った一般的窓(common gap)となり少なくとも二番天井を形成しない限り急落はありえない、と解釈してO/Nの買いとなったが、内心はびくびくものである。

一方、日経平均は本日の下げでサポートラインを割り込んだので、10/21・22の二営業日以内に9,500円を4本値の相乗平均で回復しないと短期でのダウントレンド入りが確定する
何とも悩ましい相場展開である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング参加中
クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
プロフィール

大木 広也

Author:大木 広也
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。